暮らしの道具を作っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

失敗をすることの意味  

ものを作っていると、必ず失敗作が出来上がる。
以前は落ち込んで目の前が真っ白になったり、腹が立って物をぶん投げたりすることもあったが、最近は失敗するとチベットの砂曼荼羅の話しを思い出す。
色とりどりの砂を用いて時間をかけて綺麗な曼荼羅を描き、完成したら掃いて川へ流すことを目的とした修行。
それに重ね合わせて考えれば失敗にもまた意味があって、壊されないものができる可能性があるだけまだいいのかもしれない。
後退しているようで、すこしづつ前進しているのかな、なんて思うことができる。
材料とエネルギーと時間を無駄にしたことを反省しつつも、まだまだやれるぞと。
人は創造と破壊を繰り返し、日向ぼっこ中の猫から見たら何をしているのかさっぱり分からないが、心をもつ人である以上、何もしないでいるわけにもいかないから。
意味が無いと思えることにも意味を見い出すことで、無駄なことは無いって思うことができる。

あーあ、またやっちゃったな。
また最初から。でも今よりちょっと上の最初から。
その繰り返し、くりかえし。



DSC_6936_convert_20130403201223.jpg





関連記事
スポンサーサイト

category: 最近思うこと

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://kajikoubouueda.blog.fc2.com/tb.php/77-a4a47d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。