暮らしの工芸

たまにはこんな物作ってます。  

何処か屋外などに出かけていって出店するときに、いつも持っていく什器なのですが、この什器を見た人から制作を依頼されることがたまーにあります。
テーブルなんかだと、かさばって車内が狭くなるし、アウトドア用の折り畳み式テーブルだとなんか味気ない。
よく出展される方は、何かいいの無いかなーなんて見て歩いてるようですね。僕も何か無いかなーって思っていたらこのAラインの形で木製の什器を使っている人を見かけて、そのアイディアをちょっとお借りして鉄で作ってみたら、なかなか使えるんですよね。それからずっと愛用してます。ポイントは折り畳めるところ、そして軽い。

DSC_3862_convert_20121019190125.jpg

この写真はフレームのみなのでわかりにくいですが、フレームの幅が大体400mmくらいで、200mm幅の長い板を2枚並べて上に乗っけると什器の出来上がり(もちろん400mm×1800mmの一枚板でもOKです)
上から2段目の飛び出ている棒は、抜き差し可能で、板をのっけると一段低い棚になります。写真だと片方だけの棚ですが、もう少し長い棒を入れると両側に出て、対面式の販売だと自分とお客さん側の棚に。これをタープ(天幕)の下のど真ん中に置いたら、ぐるっと観て回れるかたちになりますね。
フレームの幅を広げて作ることもできるし、中段、下段に板をのっけたり、考えようによってはかなり展開していけると思うんですね。ただ丸い棒を組み合わせただけの単純な構造なのにかたちになる、鉄のなせるわざ、こういうのが面白いと思う。
シンプルで美しく、想像力をかきたてるものをめざしたい(言い過ぎか、まねしてるくせに・・・)

DSC_3851_convert_20121019192154.jpg


DSC_3885_convert_20121019193158.jpg

畳むとこんな感じ。
DSC_3932_convert_20121019192750.jpg

この丸棒を使ったもの、折り畳み式に限らず結構可能性を秘めてると思うんですよね、低コストだし、意外と丈夫だし。鉄だから湿気があるとちょっと錆びやすいけど、錆びたらオリーブオイルとかでふけば復活します。なるべく塗装とかしたくないですしね。心を通わせたくなる、愛着のわくものを作りたいです。
機会があったらもっと、もっと掘り下げてみたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

category: 制作

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kajikoubouueda.blog.fc2.com/tb.php/68-5006eb44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)