暮らしの工芸

もう一度食べたい味  

たまにふと思い出す味。
会社勤めだった頃、だいぶ前のことなので場所を忘れてしまったが出張で兵庫か大阪に行ったとき、高速のI,Cの入り口付近で昼飯を食べに、何となくお店の佇まいが気になって入ったラーメン屋の味が忘れられない。

店に入ってカウンターに座り、多くの客が注文している一番人気のありそうな「チャンメン」だったと思うが注文した。カウンターからは厨房の中の様子がよく観察できた。
しばらくして、おそらく自分の「チャンメン」であろう仕事に取りかかる神経質そうな若い男が目に入った。
この男の仕事を見て何故かこの「チャンメン」は絶対に旨いと確信する。なぜならこの男、中華鍋で具を炒め、数種類の調味料で味付けをしたあと、匙で味見を一回、二回と。調味料を足してまた味見。味が決まったか?と見せかけ、ラードを足してまた味見。どうもこの男、毎回こんな感じで味見をしているようである。
味見をするためにちょっと多めにつくらなあかんやないの?なんて関西人でもないのにツッコミを入れたくなる。
多分彼の中にある味の基準に限りなく近付けるようどんぶり一杯ごとに彼なりのチャレンジをしているのであろう。納得するところまでやる、気に入らなければ捨ててしまいそうだが、それはさすがにやらないか。
そして、そのどんぶりが目の前に出された。
スープを啜る、ドンピシャだった。想像通りの味にもう無我夢中で食べ終えて幸せだった。
もうあの味の記憶が薄れてきている。今食べたら違う味に感じるのかな。

最近友人に連れられてわりと近所にある初めて入った定食屋の肉もやし炒めと、アジフライが旨くてビールが最高だったのだが、〆にみそラーメンをたのんだ。その時もカウンターに座っていたので厨房の中がよく見えた。
そこでもう3、40年は営業しているだろうか。
年季の入った親父さんがみそラーメンの味見をした。匙でぐぃと一杯、合格のしるしか流しで匙がかちんと鳴った。
あの「チャンメン」を作る男を思い出した。この親父さんも昔は何度も味見をしたのだろうか。チャンメンの彼があと2、30年たったらどうなのだろうか。
もう一度食べたい味。


関連記事
スポンサーサイト

category: 気儘に

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kajikoubouueda.blog.fc2.com/tb.php/50-d26a57d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)