暮らしの工芸

使って楽しい道具とは?  

DSC_2386_convert_20160916214855.jpg

言って見れば、見た目は普通の包丁。
以前、よく通ったイタリアンのお店でよく使う包丁を見せてもらったら、このサイズの包丁1本で、ほとんどの仕事をこなしていると聞いて驚いた。
手に取って見せてもらうと、ピカピカに磨かれたその包丁は宝石のように輝いて見えた。

なるほど、この味はこの包丁のような世界観から生まれていたのだと、その時感じた衝撃はいまだに残っている。
(かなり酔っぱらってはいたが…)

その世界観に憧れて、ステンレス鋼を扱う様になってから作ってみて実際に使ってみるとなるほど、小回りが利いて使いやすい。よく使う包丁は140mmのペティナイフが多いが、それよりも、もう少し小振りな100~110mm。
玉ネギやジャガイモ、ニンニクなどの皮むきに適している。
小さいので、食卓の上のカッティングボードでチーズを切ったりするのも楽しみにしている。
(まぁ、お酒を飲みながらですけど…ね)

柄は黒檀
DSC_2383_convert_20160916215447.jpg

パン切りナイフ
これも食卓で使えるように、少し小振りに作りました。
朝、食卓でパンを切る。
刃長160mm 柄は栗の木

DSC_2396_convert_20160916215849.jpg

真ん中左は牛刀190mm
真ん中右はペティナイフ140mm
なんで一番右だけ違う仕様なのか?
私の好みです。

DSC_2380_convert_20160916220311.jpg



DSC_2223_convert_20160916220435.jpg



DSC_2231_convert_20160916220826.jpg


使って楽しい道具をめざして



関連記事
スポンサーサイト

category: 包丁

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://kajikoubouueda.blog.fc2.com/tb.php/147-a66ccbf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)