暮らしの工芸

包丁の柄を作る  

栗の原木を柄にするための下準備。

30cmの木割鉈を木口にあてて、木槌でたたいて割ってゆく。
木元竹裏(きもとたけうら)ですから、木は根元のほうから刃を入れます。

DSC_3451_convert_20150118200411.jpg

芯を取り除くように木取りをする。年輪をみると20年生くらいでしょうか。

DSC_3466_convert_20150118200641.jpg


DSC_3481_convert_20150118201126.jpg

半分に割れた。

DSC_3487_convert_20150118200940.jpg

乾燥しやすいように樹皮をむく。樹皮が残っていると虫も入りやすい。
だいぶ前に作った鉈は、今使ってみると柄の形が全然駄目で使いにくい…。

DSC_3492_convert_20150118201630.jpg

芯を抜いて三分割、切って割って皮をむいて、しばらく乾燥させておく。

DSC_3507_convert_20150118201507.jpg

栗の木は、とても加工しやすく水にも強い。
使って行くと経年変化が目に見えてよくわかり、作っても使っても楽しめる木です。

DSC_3371_convert_20150118201831.jpg






関連記事
スポンサーサイト

category: 包丁づくり

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://kajikoubouueda.blog.fc2.com/tb.php/118-11cd2a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)